公益財団法人 小田急財団

 

お問い合わせ

研究助成

募集要項

募集要項 [PDF版:203KB]
1助成対象日本国内の大学・研究機関等における都市の快適化、都市型公共交通機関、観光事業の活性化と推進に関する研究で、研究助成金に自己負担金等をあわせた研究費の範囲で、1年間で一定の成果が得られる見込みのあるものとします。
研究助成対象範囲 [PDF版:108KB]
2応募資格日本国内の大学・研究機関等に在籍する大学院博士課程在籍から准教授までの資格を有する研究者で、2018年3月末日現在40歳以下の方とします。
3応募方法

次の書類を8の連絡先に提出してください。

(1) 研究助成申請書(所定用紙)
(2) 研究の概要書(所定用紙)
(3) 研究者の経歴書(所定用紙)
(4) 承諾書(所定用紙)
(5) 推薦書(所定用紙)
所属機関の長の承諾と、所属機関の上席者・指導者からの推薦が必要になります。
※応募者の個人情報については、採用審査および研究助成金支給手続き以外の目的に使用することはありません。
※応募書類の返却はいたしません。

4受付期間2017年度の募集は終了しました。
5助成の決定当財団選考委員の採用審査を経て決定することとし、その結果は2018年3月中旬までに通知します。
選考委員はこちら
6助成内容研究助成として1件につき100万円、3件を予定しております。
7その他
(留意事項)

(1) 推薦者は共同研究者となることは出来ません。

(2) 応募者と同等の役職・職階・学位の方は推薦者となることは出来ません。

(3) 所属機関の長である承諾者は推薦者を兼ねることが出来ます。

(4) 他の機関から助成を受けている場合でも応募できますが、その旨を明記してください。

(5) 研究成果を公表される際には、当財団から助成を受けた旨を明記してください。

(6) 研究助成に採用された方には、当財団奨学生および小田急グループ社員を対象とする講演をお願いすることがあります。

(7) 研究成果報告書の提出は2019年1月、選考委員に対する研究成果の発表は同年2月を予定いたします。

(8) 次の場合には採用を取り消すか、または助成金の返還を求めることがあります。
① 提出書類に虚偽の記載があった場合
② 助成対象とした研究を行わないか、または研究を中止した場合
③ その他研究助成を行うには不適当と考えられる事態が生じた場合

(9) 応募者が所属する機関等の間接経費・一般管理費(オーバーヘッド)は助成の対象になりません。

8連絡先 〒160-8309
東京都新宿区西新宿1丁目8番3号
小田急電鉄株式会社 CSR・広報部内
公益財団法人 小田急財団 事務局
TEL:03-3349-2473
E-mail:o-zaidan@odakyu-dentetsu.co.jp

Get ADOBE READER

PDFをご覧いただくには
Adobe Readerが必要です。
ダウンロードはこちらから

Copyright Odakyu Foundation. All Rights Reserved.